« 林泉寺 | トップページ | 高床山 »

鮫ヶ尾城

妙高市の鮫ヶ尾城跡にいってきました。

鮫ヶ尾城は上杉謙信の居城 春日山城の支城のひとつで信濃方面をまもる大事な城のひとつである。

この鮫ヶ尾城は、上杉謙信がなくなった後の二人の養子による争い(御舘の乱)でやぶれた三郎影虎がおちのび、最後に自害した場所として有名である。

なかなか、行く機会のなかったところであるが、この場所は多分、再来年の大河ドラマ「天地人」では、かなり有名になるところの1つであろう。御舘の乱で勝利した上杉景勝の部下が、直江兼継であるからだ。

鮫ヶ尾城跡の麓の公園は、よく整備されており、ピクニックに最適。奥に本丸跡に通じる山道がある。軽い気持ちでいったが、ここの道は、かなりきつい。途中、案内板があり徒歩で20分もかかるとのこと。びっくりである。

なんとか本丸跡までつくも、足はがくがく。日頃の運動不足がたたる。

でも、かなり登ったのか山頂からは妙高、上越市街がみえ、日本海もうっすらだが見えた。本丸跡以外にもその他いろいろありそうだったが、今回は本丸跡だけにしました。

次回は、ある程度、ウォーキングできるような格好でないときつそうである。

00011 00016

00019 00024_2

|

« 林泉寺 | トップページ | 高床山 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鮫ヶ尾城:

« 林泉寺 | トップページ | 高床山 »