越後上越 上杉戦国物語展 2009

天地人放送終了!!!

NHK大河ドラマ「天地人」が無事に放送が終了した。

新潟を含む舞台の地域の方々の気持ちは複雑ではないであろうか?

天地人は、観光都市としてはまだ、まだ、未熟な上越市を、全国的にアピールしてくれ、また、地域の観光課、ボランティアの方々も、これを契機にもりあげてくれた。

ほっとした気持ちとさみしい気持が入り乱れているのではないであろうか?

各イベント会場も今月20日をもって、一旦、幕を下ろすところが多い。

書店も以前は、天地人関係の書籍が入口すぐの目立つ所にあったのだが、今は、どこにあるのか、探すのが大変な状況である。

さて、20日をもって、終了する上杉戦国物語展2009にいってきました。

場所は上越市埋蔵文化センターで上杉謙信の居城の春日山城のふもとにある。

上越市は、上杉の文化財的なものは、ほとんどのこっていない。というのは、会津に移封の際、ほとんどもっていってしまったからだ。だから、この企画展もパネルが中心であるが、滝寺にある毘沙門天が展示されていた。春日山に集結する際、この滝寺に兵が集まることが多いことからまつられていたようだ。

もう一つ注目したのは、おととしの大河、風林火山の際、上杉景虎役(後の、謙信)のガクトの出演の時に、使われた龍の絵である。映画のセットとはいえ、かなりの迫力である。

見ながら思ったのは、来年、上越市はどのように、自分たちの地域をアピールしていくのであろうか?さすがに来年も天地人に頼るわけにはいかないだろうし・・・

北陸新幹線の国と県でもめているし、すべての新幹線を上越で、停車できるように市長は、アピールしているが、泉田知事はJRに任せるような発言であるし、あまり、いい話題を聞かないのであるが・・・・

逆の発想だがNHK大河に頼ってばかりはいられないが、もっと、たよってもいいのかもしれない。大河だけじゃなくて、ヒストリアでもいいし、角川映画でもいいし、小説でも・・・

地方同士のケーブルビジョンで、お互いにアピールしあってもおもしろいのだが・・・

タケポンとしては、また、天地人の著者である火坂さんの真田三代に注目しているのだが・・・・

上田市と連携しながら、アピールするのも一つの手なのだが・・・

000021 000061 000071 000081 000091 000101 000111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天地人「関ヶ原の合戦」

いよいよ関ヶ原の合戦!!!

9月20日の放送でいよいよ関ヶ原の合戦がはじまった。

天下分け目の合戦。歴史ではわずか1日で石田三成率いる西軍が、完敗。

ドラマでは、まさか、一話で終わるとは思わないが・・・

そのまさか・・・ 一話で、終わったしまった。

なんてことだ・・・

主人公の直江兼続は、直接、この合戦には、参加していない。奥羽の関ヶ原ともいわれる長谷堂城の戦いで山形の最上義光と戦っていたわけなので、メインではないとはいえ、本当におわってしまった。

しかも前田 慶次もでていないのだが・・・・

シルバーウィークに山形にいった職場の人がいるので、山形城と最上義光の銅像の写真をお願いしたので、入手できたら掲載しますね。

前に長浜に行った時の写真をのせますね。

長浜は、豊臣秀吉と石田三成が出会った地で、秀吉がはじめて城を持ったところで知られる。

00006 000081

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御所内・聚楽第行幸図屏風(ごしょない じゅらくていぎょうこうずびょうぶ)

初公開 御所内・聚楽第行幸図屏風  ~新潟圏 上越市立総合博物館にて~

全国紙の一面にのっていたかは、わからないが、新潟日報の平成21年 9月12日(土)の朝刊の一面ではある屏風が一面に。

タイトル名に乗せた屏風であるが、豊臣秀吉が京都に建てた聚楽第に御陽成天皇(ごようぜいてんのう)が出向く様子をえがいた屏風である。

この屏風が上越市の個人の宅から発見されたともあって、今、上越では話題を呼んでいる。

聚楽第は1587年に豊臣秀吉によって建てられ、1595年に秀吉自身によって破壊されてしまった。非常に短い期間しか、現存しなかった建物であるから、この建物が描かれた屏風も、かなり少ないようで、この屏風が4枚目となるわけだが、秀吉が乗る牛車が描かれた屏風は、国内初だそうだ。

10月4日まで公開される。

しかし、素人目で見ても、保存の状態がよく、かなり貴重な屏風にかんじた。とにかく、大きく、行列の規模を物語るとともに、庶民の生活感もただよう作品である。

とにかく、百聞は一見にしかず、一度、上越市にきてみてください。おまちしています。

000031 00006 00009 000081 000101

| | コメント (1) | トラックバック (0)

謙信公祭~再び 春日山公園と出陣行列~

利長君とけんけんず

春日山神社を後にしてふたたび、シャトルバスで春日山公園へと向かう。

林泉寺、史跡広場、春日山公園の順にとまるが、すでに、バスは満車。ほとんどの人が春日山公園でおりるので、乗れない状態が続いていました。

春日山公園で、利長君とけんけんずに遭遇。

けんけんずは地元、上越のマスコットなので見慣れているが利長くんにあえたのは、富山を愛するタケポン的にはちょっと、感動でした。

高岡でなにかあった時は上越市も、応援にいきたいものですね。

そうこうしている間に何やら、聞き覚えのある音楽が流れる。

おととしのNHK大河ドラマ「風林火山」のオープニングである。

ということは、武田軍の行列か?

胸がおどる。

Photo Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米沢藩稲富流砲術隊~いよいよ砲術~

ついに 砲術です!!!

「謙信公の塩」献上の儀式は、遠目で見れなかったが、いよいよ砲術がはじまる。

春日山神社から麓をめがけて発砲する。もちろん、空砲だが、かなりの音がでるらしい。

5人ほどであろうか?順番に発砲していく。

緊張の中、発砲。かなりの音だ。

数メートル離れている木の葉も吹き飛ばすほどだ。

確かに、こんな音で発砲されれば、戦国の騎馬隊も、やられてしまうであろう

00017 00021 00023 00024 00026 00027 00028

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謙信公祭~米沢藩稲富流砲術隊の砲術披露~

謙信公祭2

米沢藩稲富流砲術隊の砲術披露(よねざわはんいなとみりゅう

一旦、春日山公園を後にして、春日山城跡にある春日山神社へとむかう。

15時より砲術披露があるためだ。さすがに今度は、時間の関係もあるのでシャトルバスを利用。10分前後で到着。

もうすでに、かなりの観光客で埋め尽くされているが、何とか、場所を確保。

実演の前に戦勝祈願、「謙信公の塩」献上の儀式も目の前でおこなわれるようだが、ここで動くと砲術披露がみえにくくなりそうなので、今回は、断念。

遠目から多分、観光協会の永見さんであろうか?狼煙プロジェクトなどを手掛けている人だとおもうが挨拶をされていた。

その間、砲術隊は、弾込めや火縄の準備であろうか 砲術に向けて準備をしている。

この砲術隊は、わざわざ米沢から、来ていただいている。

Photo

Photo_2 2 3 Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謙信公祭1

謙信公祭1

おそくなってすみません。謙信公祭の様子を紹介させていただきます。

謙信公祭時は、交通規制・駐車場制限などがあるため、今回はJRを利用。

 高田駅発 14時7分       春日山駅着 14時11分着の普通電車を利用。

料金は150円。

春日山駅に到着すると早速、目の前にはシャトルバスがみえる。1回100円で春日山公園、埋蔵文化財センター、春日山神社下駐車場、林泉寺、史跡広場などにおりることができる。

何回も使うと当然1回100円なので、地の利を持つ地元民タケポンは、あるいて大物産市をしている春日山公園へむかう。謙信公大通りをあるいていくと、今回の目玉イベントともいわれる天地人パレードで北村一輝がもっともよく見えるであろうとおもわれる春日山交差点ではもう、すでに場所取りがされている。ちなみに天地人パレードは17時40分から18時の予定。

春日山公園では、物販ブースが設置され、上越の特産、謙信公グッズなどの販売がおこなわれている。今回の天地人でかかわる全国の観光マスコットが多数、参加されていた。

00001 000021

00003 00004 00005 00006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐々成政橋

佐々成政橋発見!!!

佐々堤をもう少し下ると佐々成政橋を発見。

佐々堤を作る際自ら指揮をとったというから、それをイメージした橋なのであろうか?

ちなみに佐々堤,佐々成政橋にいくには、旧大山町、富山地方鉄道大川寺駅をおりて、願寺川の西岸を歩いて行く。

富山に在住していたときは、この近くに住んでいたのだが、こういったものがあるのは知らなかった。

まだ、まだ、佐々成政に関連する史跡はあるであろう。佐々成政祭りというものもあるようだ。

Photo 1 2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐々堤

佐々堤!!!

ひさしぶりに越中富山にいってきました。

タケポンにとっては、第二の故郷。謙信公祭の写真がちょっと、まとまってないので、こちらのレポートを先に更新しますね。

富山を代表する武将、佐々成政。

天地人では、名前しか、でてこなかったが、魚津城の戦いでは、柴田勝家側で参戦している。

タケポンも、余り、この武将はわからないのだが、タケポン、第二の故郷の富山を代表する武将だけあるので、紹介していきたい。

1580年。佐々成政は、織田信長の命により、越中富山に入城していた。

越中富山に流れる常願寺川は、氾濫で大変らしい。

そこで、佐々成政は1年たらずで、佐々堤を作り、氾濫の少ない河川としたらしい。

武田信玄も信玄堤というものをつくったのであるから、善政をした、武将なのであろうPhoto_2 Photo_3

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

~謙信公祭 春日山城跡からの狼煙~

謙信公祭のはじまり!!!平成21年 8月22日

いよいよ謙信公祭がはじまる。

タケポンには、珍しくタイムリーにブログ更新しています。

今朝、9時に春日山城あとより謙信公祭のはじまりの狼煙があがる。

タケポンが春日山城跡を遠目で見る絶好の場所と絶賛する春日神社前の橋周辺で、カメラをかまえる。先客がありビデオカメラを三脚で構える女性を発見。あきらかに報道関係の人のようだ。

そうこうしている間に山頂より狼煙があがる。いよいよ謙信公祭の開始だ。

とはいえ、謙信公祭のイベントは今日、明日にかけてイベントがたくさんである。

このまま、すべてのイベントをみると最後のイベントである川中島の再現まで、体がもたない。

と、いうことで、一度家に戻り、ブログの更新中です。

帰宅途中、子供のみこしの行列も発見。春日山周辺は、もりあがりをみせる。

午後からJRで春日山駅までいき、春日山公園で物産大市、春日山神社で米沢藩 砲術披露、山ろく線で出陣行列、天地人パレード、春日山城史跡広場で川中島の再現を見る予定です。

Photo Photo_2 Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧